ついった web拍手はこちらから

守護魔会話まとめ・ロウゲツ編

 



えるしってるか。
しんしは こうちゃを のまない。



学校にいるロウゲツさんはティーカップ持ってるので
当然ロウゲツハートも持つんだろ?って思ってる人そこそこいると思うんですよ。

持ちません。何しようが一切持ちませんよこの人!

元々の守護魔の時はそれこそ
待機中はもちろん戦闘中も離さず被ダメ受けた時も持っているというのに。
戦闘中は仕方ないにしても休憩中とかさ!いいんだよ持っても!!!
結構個人的には惜しい要素が多いのも悩みですね。はふん。



ということで少し間が空きましたが
絆の樹イベント番外編・守護魔会話まとめ。

今回はロウゲツさん中心のまとめです。
※卵の部屋での会話同じ・追加があるだけのものは省略しています




ムツキ×ロウゲツ

ムツキ
 ロウゲツさん。ご主人様に、よくしていただいていますか?

ロウゲツ
 主様への無礼を承知で正直に申し上げると、
 おそれながら、私の主としてはまだまだ未熟!
 ならばこそ、この私がおそばについて、○○様を
 教育してさしあげたい。……そう思える御方でございます。

ムツキ
 ロウゲツさんがそこまでおっしゃるなんて、珍しいですね。及ばずながら、
 お二人のご武運を祈らせていただきます。祓いたまえ、清めたまえ~!

ロウゲツ
 おっと、そこまで!祓われては、たまりませんからね。フフフ……。


ムツキ
 ロウゲツさん。ご主人様によくしていただいていますか?

ロウゲツ
 主様への無礼を承知で正直に申し上げると、
 おそれながら、私の主としてはまだまだ未熟!
 ならばこそ、この私がおそばについて、一人前のレディになれるよう教育してさしあげたい。
 ……そう思える御方でございます。

ムツキ
 ロウゲツさんがそこまでおっしゃるなんて、珍しいですね。及ばずながら、
 お二人のご武運を祈らせていただきます。祓いたまえ、清めたまえ~!

ロウゲツ
 おっと、そこまで!祓われてはたまりませんからね。フフフ……。



キサラギ×ロウゲツ

キサラギ
 あっ、兄様!私に会いに来てくれたの……?そうだわ、とってもオシャレな
 お店を見つけたんだけれど、一緒に見に行きたいなぁ~、って……
 あ、○○はお留守番しててくれる?

ロウゲツ
 うーん、残念ながら私も何かと多忙な身でして……
 ○○様に連れて行っていただいて下さい、キサラギくん。

キサラギ
 そ、そうよね、兄様は○○ちゃんと違って、お忙しいわよね!
 ムリ言って、ごめんなさい……
 ……ちょっと、○○ちゃん!兄様が優しいからって、
 雑用を押し付けたりしてないでしょうね!?
 たまにはお休みをあげてよね!そしたら、私が兄様と……

ロウゲツ
 どうしました、キサラギくん?

キサラギ
 ううん、何でもないわ、兄様!
 ちょっと○○ちゃんの相談に乗ってあげただけだから!

ロウゲツ
 ○○様、悩み事がございましたら、この私にお話していただければ……
 いえ、私などでは力不足なのは重々承知の上ではございますが。

キサラギ
 ……なによ……兄様ったら、○○ちゃんのことばっかり……



ヤヨイ×ロウゲツ

ヤヨイ
 守護魔・ロウゲツ。……一段と、凄みを増したようですね。

ロウゲツ
 あれ、そうですか?最近は○○様に戦いをお任せして、私は
 お茶を入れるくらいしかしてないのですが。

ヤヨイ
 守護魔・ロウゲツ……守護するべき方に働かせて、
 君は休んでいると?まさか、君に限ってそのような……

ロウゲツ
 ははは、私を買いかぶり過ぎですよ、ヤヨイちゃん。
 ……私の背など、追ってはいけない。
 君の手は、誰かを救うことが出来る手なのだから。

ヤヨイ
 守護魔・ロウゲツ……

ロウゲツ
 まあ、こんな思わせぶりなだけの言葉に惑わされているようでは
 まだまだ修行が足りない、ってことですよ、ヤヨイちゃん。

ヤヨイ
 …………



ウヅキ×ロウゲツ

ウヅキ
 おじさん!あたしにもあの技教えて、あの剣がいっぱい出るやつ!

ロウゲツ
 よろしい。まず、熱いお湯と、汲みたての水を用意して下さい。

ウヅキ
 えーと、熱いお湯と汲みたての水ね。

ロウゲツ
 汲みたての水を沸かしている間に、お湯でティーポットを温めて下さい。

ウヅキ
 水を沸かして……ティーポット?これってお茶の入れ方じゃない?
 そっか、わかったわ!
 剣を作り出すには、紅茶に含まれる鉄分が必要不可欠なのね!
 そっかー、それでおじさんはいつも紅茶を飲んでるのね?

ロウゲツ
 いいえ?
 ひと時の休息を、優雅な気分で楽しんでいるだけですよ。紳士ですから。

ウヅキ
 うーん、紳士用の必殺技なのかー。でも、私の「力」を応用すれば……!



サツキ×ロウゲツ

サツキ
 ロウゲツ……あなたも相変わらずね。

ロウゲツ
 フフフ……ほめ言葉として受け取っておきましょう。

サツキ
 ○○、気を付けた方がいいわよ?ロウゲツはかーなーり、うそつきだから!

ロウゲツ
 滅相もない!この守護魔・ロウゲツ、
 うそを申したことなど誓ってただの一度もございません!
 話の誇張や、意図的な事実の誤認、
 隠ぺいの捏造でしたら必要に応じて用いておりますが。

サツキ
 それをうそって言うんでしょ!

ロウゲツ
 いかにも、私はうそつきでございます。……これはうそになるのでしょうか、
 それとも真実……?どうなのでしょう、サツキくん?

サツキ
 え、えぇと……?
 少なくとも、あなたが本当に不愉快だっていうのは、絶対の真実ね!

ロウゲツ
 フフフ……君もなかなかうそがお上手ですね。

サツキ
 うそじゃないってば!

ロウゲツ
 ですから、私はうそを申し上げておりますよ?

サツキ
 あ……あなたって、天文学的なくらい不愉快だわっ!このニセ紳士!

ロウゲツ
 いえいえ、私はユニバーサル紳士道協会が交付する、
 第一種紳士道免許皆伝を所持しておりますから。
 ……あぁ、そろそろ免許の更新時期ですねぇ。



ミナヅキ×ロウゲツ

ミナヅキ
 兄さん……幸せそうね。

ロウゲツ
 もちろんですとも。○○様にお仕えできて、幸せの絶頂です。

ミナヅキ
 ……兄さんの本当の笑顔が、また見られるなんて……

ロウゲツ
 ……っ!?……私は、笑えているのですか?この私が……

ミナヅキ
 兄さん……あなたのくるしみも、あなたのいたみも、わたしが覚えています。
 だから、幸せになることをおそれないで……
 あなたはもう、振り返っては駄目……誰も、幸せになれないわ……!

ロウゲツ
 この私が幸せになるなど、あってはならない。ましてや、忘れることなど……!
 とは、いまだに思いはしますが、以前にも言われましたね。
 今の私は、○○様の守護魔としていただきました。

ミナヅキ
 ……ええ、そうです。兄さん。今のあなたには○○さんと言う守るべき方がいるのですから。

ロウゲツ
 ……。参りましたね、私も年を取りました。
 ……私のいつもの戯れ言だと、お聞き流し下さいますれば、幸いでございますが……
 ……私は、あなた様と出会えて、本当に幸運なのです。これからも、末永くお付き合いを。



ミナヅキ
 兄さん……幸せそうね。

ロウゲツ
 もちろんですとも。○○様にお仕えできて、幸せの絶頂です。

ミナヅキ
 ……兄さんの本当の笑顔が、また見られるなんて……

ロウゲツ
 ……っ!?……私は、笑えているのですか?この私が……

ミナヅキ
 兄さん……あなたのくるしみも、あなたのいたみも、わたしが覚えています。
 だから、幸せになることをおそれないで……
 あなたはもう、振り返っては駄目……誰も、幸せになれないわ……!

ロウゲツ
 この私が幸せになるなど、あってはならない。ましてや、忘れることなど……!
ミナヅキ
 ……甘えないで、今のあなたは、○○さんの守護魔でしょう?

ロウゲツ
 ……!失礼いたしました、主様。
 ……私のいつもの戯言だと、お聞き流し下さいますれば、幸いでございます



フミツキ×ロウゲツ

フミツキ
 ロウゲツちゃん、フミはおなかすいた!おちゃちゃちょうだい!

ロウゲツ
 あっ!それは砂糖を入れていな……!

フミツキ
 (ブーッ!)
 あちゅい!にがい!フミはかわいそう!フミはおこってますよ!?ぷーん!

ロウゲツ
 ……○○様、やけどなどはございませんか?お召し物は…よかった、ご無事でございますね。
 この守護魔・ロウゲツ、主様の盾となれたのなら、幸いでございます。

フミツキ
 おめしもの?フミはおめしものをめしあがる!



ハヅキ×ロウゲツ

ハヅキ
 おにいちゃん。……げんき?

ロウゲツ
 はい。○○様のそばにおいていただけて、日々が充実しておりますよ。
 ハヅキも、しっかりとお勤めを果たしていますか?

ハヅキ
 (こくこく)
 ろうげつおにいちゃんのおしえも、ちゃんと守ってる。

ロウゲツ
 そうですか、それはよかった。

ハヅキ
 お兄ちゃんのおしえ……うそをつかないで人をだます方法、
 うそをついて人をだます方法、あるじに気づかれずにあやつる方法、
 あるじがよろこんでお願いを聞き……

ロウゲツ
 フフッ、よく勉強してますね、ハヅキ。
 ご心配はご無用でございます、○○様。
 今のは私の教えの一つ『主の日常に適度な緊張をを与え、健康でいていただく方法』
 でございますから。

ハヅキ
 ……(にこっ)……



キクヅキ×ロウゲツ

キクヅキ
 兄ちゃんも、元気そうだね!どんな冒険してきたの?

ロウゲツ
 それはもう、大雪原から灼熱の砂漠。はたまた荒ぶる火山に
 地の底の大迷宮を、縦横無尽の大活躍でございました。

キクグキ
 すごいや!おれもいつか、兄ちゃんと同じくらい強くなって、冒険に行きたいなぁ!

ロウゲツ
 フフッ、それは素晴らしいですね。そうなれば、私も安心してお役を退けます。
 バラ園の世話をしたり、のんびりとお茶を楽しんだり、
 先代とチェスでも打って一日を過ごす……ああ、夢のような生活です。

オコジョ
  (きゅっ!)

ロウゲツ
 これは失敬、先代は囲碁の方がお好きでございましたね。
 いずれにせよ、私の背中などながめていないで早く追い抜いて下さい、キクヅキ。

キクヅキ
 おれ、兄ちゃんと一緒に冒険したいんだけどなぁ……



カミア・カンナ×ロウゲツ

カミア・カンナ
 ロウゲツ様も、お元気そうでなによりです。

ロウゲツ
 ○○様は 冒険を終え、少々お疲れでいらっしゃるご様子です。
 カミアくん。カンナくん。お茶を入れてくれますか?

カミア・カンナ
 はい!ロウゲツ様!今度こそ、ご満足いただけるはずですよ!

ロウゲツ
 ……ふむ。腕を上げましたね。今回は、80点というところでしょうか。

カミア・カンナ
 何が足りないのかな……お湯の温度? カップの温め方?お茶っ葉の選び方?
 愛?お茶請けのお菓子?それとも……

ロウゲツ
 フフッ……○○様にだけ答えをお教えいたしましょう。
 私を満足させようと気にし過ぎるあまり、まず、主様に
 最初にお茶をお出しするという基本を忘れているのでございます。
 ……フフッ。秘密でございますよ?



シモツキ×ロウゲツ

シモツキ
 おっさん!ちょっと聞きたいんだけど!

ロウゲツ
 おや?シモツキくん、どうかしましたか?

シモツキ
 あんたに教わった決めゼリフ、
 泥舟に乗ったつもりで私にまかせなさい!」って言うたびに、
 生あったかい目で見られるんだけど。あんた、ウソついてない?

ロウゲツ
 フフッ、やれやれ。世の中には教養に欠ける方が多いようですね。
 かつて、あらゆる生命は泥をこねて形作られたという言い伝えは、当然御承知ですね?
 つまり、泥とは、魂や力を宿す器となり得る素材なのです。

 その素材で船、すなわち荒ぶる海の上を駆けることができる
 頼もしい乗り物を作ったなら、世界中の動物をつがいで
 憑依させてもまだ余るほど、魂を宿すことが出来るわけです。

 多くの魂を憑依させているのと同じくらい、安心で安全。
 それが、「泥舟に乗ったつもりで任せる」という言葉の意味なのですよ。
 博識で優秀な君なら、当然理解していると思っていたのですが……

シモツキ
 も……もちろんよ!ふふん、当然でしょ?

ロウゲツ
 ……。さて、次は何を教えるべきか……〇〇様もお試しになりますか?



ロウゲツ×ロウゲツ

ロウゲツ
 ロウゲツくん。お元気そうですね。

自ロウゲツ
 君もご健勝のようで何よりです、ロウゲツくん。

ロウゲツ
 …………

自ロウゲツ
 …………

ロウゲツ
 ……私が何を考えているか、御存知ですよね。

自ロウゲツ
 君も御存知でしょう。私は私であり、君の鏡像ではありません。

ロウゲツ
 ……フフフ。良い茶葉が手に入りましてね。主様と御一緒に、いかがです?

自ロウゲツ
 ○○様。せっかくですから、お呼ばれになってはいかがでしょうか。
 私も御相伴に預かりますので。

ロウゲツ
 自分がまだ自分でいられるか、
 外から見てわかるのは、やはり自分ですからね。
 いえ、大したことではございません。
 まぁ、互いの確認……とでも言いましょうか。
 身だしなみのチェックのようなものでございますよ。



デス×ロウゲツ

デス
 おお、主従揃って御来訪か。歓迎しよう。

ロウゲツ
 ごきげんよう、デス。我がご主人もあなたがお元気そうで大変お喜びです。

デス
 ふむ、毎度変わらず腹黒そうな……
 時に、この学校にいる腹黒執事と今ここに居る腹黒執事は同じ人物なのかな?

ロウゲツ
 今おっしゃっている腹黒執事がどこのどなたかは存じませんが……
 この学校の守護魔であるロウゲツ君はあくまでもこの学校の守護魔。
 この私はあくまでも○○様を御守りする守護魔でございます。
 ……とはいえ、私もまだ未熟。時には主に守られてしまうような事も御座いますが……

デス
 ふむ。貴様の魂が半分しかないように見えるのは、
 二人で分けているからと言うわけでは無いようだな?
 何か、理由があるのかな?○○も気になるのではないか?
 余としては大いに気になるが、教えてはもらえんかね。

ロウゲツ
 ……それは……秘密、でございます。
 謎がすべて明かされては、色気も薄れてしまいますのでね。
 それはそうと、デス様はアンデット島には行かれたことが?

デス
 くっ……味な真似をする。今日はお互い引いておくとするか。



桃×ロウゲツ


 いらっしゃーい!二人並ぶと、いい感じのご主人様と執事って感じだね!

ロウゲツ
 お褒めいただきありがとうございます。主人の引き立て役として、
 写真写りは良くなり過ぎないよう気を遣う日々でございますよ。


 あはは、いつも通りだね。○○にはこんな面白い執事さんがいていいよね!

ロウゲツ
 時に、帰り道がわかったとはうかがっておりますが、
 あちら側のあなた方はどのような種族なのですか?


 んー、うまく言えないけど、あたしたちはあたしたちでうまいことやってるよ?
 こっちでびっくりしたのはネコがいないことだよねー。
 こっちの世界では別に猫は普通にいるから、町中の日向とかに行くとみんな寝てるよ?
 で、修業はめったにしないけど、たまーにがんばって修行した子は認められて、
 ケット・シーになるの。

ロウゲツ
 ケット・シー……?そのような存在がいるのですか。
 この世界だと、やはり伝承の中の存在ではありますね……


 案外身近にいるかもよ?この世界も、まだまだ分からない事多いみたいだしね!






ということで守護魔編は多分最後のロウゲツさんまとめ。


ロウゲツさんは連れて話かけるより
学校にいる方に他の守護魔連れてって話かけた方が結構話変わってるので
そっちの方が好きっていうの多いんですよねぇ。

個人的にはサツキさんとかヤヨイさん辺りがオススメ。
というかそういういじりが好きなんだなってはっきり分かりますね


あと、誤字もさることながら誤表記っていうんですかね
去年まで様付けてた相手を呼び捨てにしてたりして
その辺もうちょいしっかり!というかチェックしてないんかい!みたいな。

ミスが結構目立ってたので惜しいなぁ…そこんとこが。
Top ▲

Copyright (c) Artelieco* All Rights Reserved.

FC2Ad