ついった web拍手はこちらから

イリスと記憶の書架・三の物語 追加会話まとめ

 

守護魔・ロウゲツ装備時

まさか。
……いや、違う。


守護魔・ロウゲツが
小さい声でつぶやいた。


……あぁ、これは失礼いたしました。
昔の知り合いに似ていましたもので。


……いえ、人違いでございます。
お気になさらぬよう。


さぁ、早くしないと、
置いて行かれてしまいますよ?

皆様の所に向かいましょう。

Top ▲

Copyright (c) Artelieco* All Rights Reserved.

FC2Ad